ucacoceramics | スキーヤーの友人からマグカップのオーダー
10874
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-10874,edgt-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,hudson-ver-1.3, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

スキーヤーの友人からマグカップのオーダー

スキーヤーの友人カップルからマグカップのオーダーをもらいました。

 

以前にもお2人のご友人のお祝いにカップを買っていただいたことがあって、今回もまた別の方へのギフトにと連絡をもらったのがキッカケです。

 

ギフトの送り先の方のインスタアカウントを教えていただいたのでその方のライフスタイルを少しインスタ越しに拝見して合いそうな物を提案するという流れでした。

 

この雪景色の様なシリーズを提案したのは、その方がパウダースキー好きな方っぽかった事、かなり料理をされる雰囲気だった事、お酒も好きそうだった事がポイントです。
その3つが揃っている人は間違いなくこのシリーズを使いこなしてくれます。笑(そうじゃ無い方からも評判良いですが特にその3拍子揃っている友人たちは買ってくれてよく使ってくれています。)

 

このシリーズをおススメしたところ、依頼者の友人も気に入ったとの事でご自分たちのマグカップも一緒に、と依頼を頂きました。

 

このシリーズは私もすごく好きで10年以上前に作った碗皿を今でも自宅で1軍として使っているほど気に入っています。そのくらい使いやすいです。

特徴としては分厚くかかり流れる釉薬を使っていることです。
物理的なことを言うと、本来はもう少し厚みを持たせた器である方がこの釉薬には良いです。(素焼きの器に液状の釉薬を吸水させたものを乾かし、高温で焼いているので器が薄いと吸水出来る量も限られてしまうので縮れやすくなります)
薄い器に2色を掛け分けたりポッテリした釉薬を使うのはチョコチョコと気をつける点があります。
それでも薄めの器が好きです。

 

この釉薬の雰囲気で薄い器ってあんまり無いから、ということで自宅用に作ったのが始まりです。
(こういうタイプはぽってりした厚みのあるものが主流な様です)
色々作ってみて足元は少し重みを持たせるのが現在での終着点になっています。

レンコンのキンピラや肉じゃがなどの煮物といったど定番和食はもちろん、私はパスタなんかもこの器で食べていました。
このシリーズの和食器は洋食にもよく合うことが普段使いしやすいポイントです。

ただの野菜炒めも美味しそうに見えたりするのでごまかしが効く器でもあります。

 

この器でマグカップを作ったことは無かったのですが(それ以前にマグカップを作ったことがなかった)
マグカップサイズのコーヒーカップを作りました。
やっぱりコーヒーや紅茶を飲む時の飲み口は薄い方が美味しい。
どうしてもそこは私としても譲れない部分なので把手を付けられるのならやっぱり薄くしよう!と思って口元は薄くしました。

あんまり華奢なモノは苦手だと以前のオーダーの際にも言っていた友人なのですが、口元の薄いカップで飲む飲み物の美味しさに2人で浸って欲しいなと思って。笑
焼肉やラーメンを食べに行って帰宅した時に飲むコーヒー、薄いカップの飲み口で堪能してみてください!

Category

bowl, cup, etc

Share