ucacoceramics | 冬の窓辺に朝陽で輝く氷柱
11472
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-11472,edgt-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,hudson-ver-1.3, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

冬の窓辺に朝陽で輝く氷柱

こちらは久しぶりに作ったシリーズです!

乳白色に青銅色の掛け合わせなので爽やかな春夏向きの器の様ですが

実は私的には寒い冬の日の窓辺の氷柱なんかをイメージしています。

17年のブランクを経てここ10年毎年続けている趣味のスキー。

スノートリップの旅先で見る景色は美しくて、心が動き沢山のインプットに繋がります。

晴れた日に朝陽に照らされ氷柱が溶けて行くキラキラした様子がすごく好きです。

グンと冷えてくれないと雪溶けしちゃって滑れないのだけれど。笑

近頃作っているのはどうしても雪をイメージしてしまっています。

こちらは1月のil dono 札幌店さまでの販売会にもお送りさせていただきます。

Category

bowl, dish, etc

Share