ucacoceramics | inspired by sunset beach
11159
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-11159,edgt-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,hudson-ver-1.3, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

inspired by sunset beach

2配色の碗皿各種が少しずつ焼き上がっています。

今も本焼き中(第2弾)でまだまだ本焼きが続きます!

この2配色のシリーズは逗子に引っ越して来てから作り出したお気に入りのシリーズでインスピレーションの源は海岸で見る夕焼け空と海です。

 

うちでも和食の時によく使っていますが、赤系と青系の釉薬をかけているのでどんな食材でも美味しそうに見えるのが食卓でもとても重宝している理由だと思います!

 

 

和食器ならこのsunset beachシリーズ、雪景色っぽいsnow mountainシリーズ、手描きラインのシリーズ(falllineみたいっていつも密かに思いながら描いてる)黒マットの夜風みたいなnight wind & cloudシリーズがうちでもよく使うから必然的にリピートして作っているし実際に販売もしています。
(うちでは食事の時にこれらのシリーズを色んな種類で並べることが多いです)

 

アウトドアの仕事を始めて自然が豊かなフィールドに出る機会が増えた頃から作る器にも変化が出てきました。(雪山がインスピレーション源の器を作りだしました)

 

逗子・葉山地区へ越して来てからは雪山以外にも海や空を愛おしむ様になりました。

 

 

色んなモノを作るんだね!と言われることがあります。
多分、それは私の器作りのスタートが自炊の食卓を美味しく楽しむ為に始まったからだと思います。(料理とのコーディネートを考えて器を作り出したので)
そして、自分自身の経験してきたことや日常生活ともリンクしてしまうからだと思います。

 

湘南地区へ住んでからは日常の景色の美しさに癒され影響もかなり受けていると思います。

都内に住んでいた頃には日没時刻を気にしたことは無かったし、夜空の雲や風の動きを眺めることもありませんでした。
今も陽のあたる窓際で心地良い風を感じ鳥のさえずりを聞きながらblogを書いています。

 

そんな生活の中で生まれたこの赤茶と青緑の2配色のシリーズに、今回はコーディネート出来るように取り分け皿サイズで同じ青緑を単色で使って焼いてみました!
和食にも洋食にも使えると思います。

 

私はお料理ごとに違う器を食卓に並べてコーディネートしていくのが楽しくて好きです。
「この食材にはこういう器の色が美味しそうに見えるなぁ?」とか「このカタチだと盛り付けが良く見えるなぁ?」と想像して器を作るのは楽しいし、実際に使う時もすごく嬉しいです。

このHPを見てくださった方にも、楽しみながらお気に入りの1つを見つけてもらえたらとても嬉しいです!

 

 

Category

bowl, dish

Share