ucacoceramics | 約一年前のとある2週間くらいのこと
10976
post-template-default,single,single-post,postid-10976,single-format-standard,edgt-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,hudson-ver-1.3, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

約一年前のとある2週間くらいのこと

約1年前のこと
2018年1月23日:精密検査

この前の健康診断はエコー検査だったから、今日はマンモグラフィーだなぁ…
痛いし嫌だなぁ…そんな気持ちで病院へ向かった。

 

まずは往診、その後色んな検査をして、その後また往診。
そこでお医者さんから優しい言い方ではあるけれど業務的に説明をされた。
リンパ液の採取、細胞の採取をする注射をする。
細胞の採取は針が太いから痛みがあるので痛み止めも打ちます。計3本の注射をします。と言われた。
その時点で私はかなりのパニックになった。「細胞診の為??」なんだか思っていたよりおおごとっぽい…
注射は嫌いで採血ですら見てしまうと気を失いそうになる。
針先も怖い。
子供の頃の注射の日は朝から泣きわめいて親を困らせていた様なタイプだ。
未だに注射が怖い…

 

恐怖心と状況が理解出来ないパニックで私は座っているのに倒れかけた。
フラつく私を看護婦さんが支えて背中を撫でてくれたのがものすごく暖かくて何故だか涙がこぼれた。
結果が出るのは2週間後、またその時に来てください、と言われ次回の予約を入れて病院を後にした。
予備知識があればあんな風にテンパることも無かったのだろうけど、健康診断後の自分は悪性腫瘍の可能性なんて考えていなかったから何にもネットで調べたりもしていなかった。
だから、この検査の状況が予想をはるかに超えていて(マンモグラフィーだけで終わると思い込んでいたから)そこでやっとコトの重大さに気づいた。

 

検査を終え病院を出てバス停に向かう数分の間に涙が溢れて止まらなかった。
不安、恐怖、悲しさ、悔しさ、なんだかわからない感情が一気に押し寄せて来て冷静になろうとしても涙を止める事が出来なかった。
母から電話がかかって来たのでバスに乗らず雪が溶けて水たまりだらけの歩道を歩きながらこの日の検査内容を話した。

 

お店にお客様が来た、と言って母は途中で電話を切った。

そういうのが無ければ、私はいつまでもただ泣いて行き所のない感情を母にぶつけるだけになっていたと思う。
そうならずに済んだことを、その時お店に入って来てくれたお客様に感謝した。

 

バスに乗っている間も涙は止まらず家に帰ってベッドに倒れこんだ。
3日3晩ひたすら泣き続けていた。
何もする気力が出ず食べることすら出来ず…
「なんで私が?私は悪いことなんてしていないのに」「世の中は不公平すぎる」
そんな気持ちばかりで憤りを感じた。
泣きすぎて頭が痛くて仕方なかった。

 

そんな風に泣き続けていた3日目に電話が鳴った。
出るのをちょっと迷ったけど画面を見たらTKさんの名前が表示されていたから思わず出てしまった。

一応冷静を装って出た。
TVの前でうたた寝していて、TV消しなさい!と注意されている人が[寝てないよアピール]する時みたいな感じで普通を装ってはみたけど、泣きすぎてめちゃくちゃ鼻声になっているからすぐバレた。
「どうしたんですか?大丈夫ですか?」そんなことを言われたんだと思う。
テンパりながら「大丈夫じゃないです。癌かもしれない…」と結局また泣き出してしまった。
恐怖心を抱えきれなくなっていたところに電話をもらえたから吐き出せて良かったんだと思う。

 

なんだかんだ話していた。
何を話していたのか覚えていない…

けど、この世のものとは思えないほどブッサイクな顔をして泣いていた時にTKさんはいつも通り冗談を言って笑わせてくれた。何で笑えたのか内容は覚えていないけど。(笑)
でも、あの状態から私を笑わせるなんてすごい。
ユーモアと人間的な温かさのバランスが素晴らしい人だなぁっていつも思う。

 

TKさん夫妻や娘さんたちにはもう何年もお世話になっている。
いつも暖かくて優しい、大好きなファミリーで私にとって大切な人たち。

 

泣きながらもTKさんといつも通りくだらない話をしたら、少し元気になって来て、やっとベッドから起き上がれた。

 

めちゃくちゃ食いしん坊の私が食べてないからこんな風にネガティヴになるんだ、体も冷えているし余計に良くない。
そう思って薬膳鍋を作って食べた。
やっとその気力が湧いた。
体が暖まりお腹が満たされたら少し気持ちも落ち着いた。
電話が無かったらまだベッドから出られないでいたかもしれない。
鍋を食べながらそんな事を思っていた。
温かい食べ物は人を安心させる。
ちゃんと食べようと思わせてくれたTKさんに感謝した。

 

そして、気持ちを切り替えた。
もしも悪性だった場合、スキーも陶芸もしばらく出来なくなる…
だったら今なんともなくて普通に生活出来ている時間を無駄にしたくない!
3日間も泣いているだけしかしていなかったなんて、なんてもったいない事をしてしまったんだろう…
そんな風に思って当初行く予定だった白馬へ滞在予定を短縮して数日間だけ行くことにした。

 

家に1人で居るのが辛すぎたこと、白馬のファミリーにも会いたかったこと、いろんな気持ちで白馬へ向かった。
会いたい人に会いに行った。
ここ何年も会いたい人には老若男女問わず会えるように意識して行動することにしている。

 

いつ誰がなんどきどうなるか?なんてわからないし、会っておけば良かったっていう後悔をしたくないと思うから会いたい人にはちゃんと連絡する様にしている。
もちろん都合が合わなくてナカナカ会えない人もいるんだけど…

 

TKさん夫婦にも白馬で会えた。というかTKさんたちも大変な時だったのにわざわざ会いに来てくれた。
IさんとMさんも来てくれた。
みんなでワイワイ夜遅くまで話した。
今思うと精密検査を受けて結果を待っているこの2週間の期間が気持ち的に一番不安定でツラい時期だった。

だけど私の周りには優しくてあったかい人たちがたくさん居てくれた。
そんな人たちに私はずっと支えられていた。

 

なんとなく悪性かもしれないという気持ちはこの2週間で強くなっていて結果的にはそのおかげで少しずつ覚悟が出来ていたんだと思う。
滑りに来て良かった。
ホントにそう思った。
滑っている瞬間は不安な気持ちを忘れていられたし、楽しくて優しい人たちと居るとその時は不安な気持ちを思い出さないで済んだ。

 

白馬でいつもお世話になっているファミリーも朗らかで優しい人たち。
年に1度のスノーボード体験はいっつもここんちのお父さんと次女のHちゃんに岩岳へ連れて行ってもらう。
スキーの様には滑れないけど、それがまた楽しかったりもする。

 

私はアホなのかもしれないけど、この時ホントに[今、なんの不自由もなく滑れているうちに出来る限り1日でも滑りたい!]と強く思った。
おかしいのかな、私?と思って母に言ってみたけど「そんなん普通、普通。悪いことばっかり考えてもどうにもならへんのやから、スキーも行きなさい。滑って楽しいんやったらいっぱい行きなさい。楽しい事、出来るのにやめへんでええんやから」というような事を言われた。

 

結果的には滑りに行くスケジュールが上手く調整出来なくてさほどは行けなかったし、ちゃんと歩くBCには1日も行けなかったシーズンになった…

 

そう思うと、今年は体力が劇的に落ちているとはいえスキーが出来ていることをすごく嬉しく思う。

もちろん作シーズン以前と同じというワケにはいかないことが多々あるのだけど、少しずつクリアして行ければ良いし、無理し過ぎず、焦らず過ごしていきたい。

 

今シーズンはついにTKさんファミリーとも一緒にスキーに行く予定。
今からとても楽しみ。

Share Post