ucacoceramics | 逗子・葉山の生活から生まれた器
11408
post-template-default,single,single-post,postid-11408,single-format-standard,edgt-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,hudson-ver-1.3, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive
9月 25 2019

逗子・葉山の生活から生まれた器

今日の逗子・葉山、日中は暑いくらいの良いお天気でした。

早起きをして朝のうちにろくろ作業をし、午後からは友人と逗子海岸をSUPで海上散歩。

逗子から鎌倉へ向かう134号線沿いにある海辺のカフェsurfersへ海側から上陸してお茶して来ました。

暑いとはいえ風も海も空も秋の匂いが強くなり始めています。

大好きなこの海と広い空。

SUPを漕いだり、潜って魚と泳いだり、夕陽を眺めに浜辺を散歩したり、私の生活に欠かせない逗子・葉山の海。

 

いつも見ている海と夕焼けの色がインスピレーション源となり2配色の器のシリーズを作り出したのはこの地に移り住んで間もなくした頃からです。

同じ夕焼け空に二度と出会えない様に、釉薬の色もそれぞれの器ごとに少しずつ違います。

器の中からも自分好みの景色を探してもらえると嬉しいです。

和食器なのにプロダクト名が横文字なのはそんな理由からです。笑

シリーズ名

#sunsetbeach

#小鉢#碗皿#取り分け皿

の展開がございます。

Share Post