私の好きなモノゴト | ucacoceramics
112
archive,category,category-112,edgt-core-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,hudson-ver-1.3, vertical_menu_with_scroll,smooth_scroll,blog_installed,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive
8月 20 2022

3つの【リ】

私がモダン金継ぎのワークショップを開催し始めてはや3年?4年? 自分が作る器の修繕の為に漆を使った修繕を習い出したのが6年前。 紆余曲折あり、現在では1回2時間程度のワークショップを全国各地で開催させていただく様になりました。   【金継ぎ】と言えば【日本の伝統的な修繕技法】漆を使うのは湿度の高い日本には適した技術だからこういった美しく素敵な修繕技法が日本に長きに渡って残っているのだと思います。 と言いつつも昨今の金の価格高騰で本金を使っての修繕は以前より更に高価なものへとなりつつあります。 私がワークショップで行っている金継ぎでは【本金】ではなく【真鍮粉】を使っての修繕。 【漆】ではなく【新うるし】と呼ばれる化学溶剤とのハイブリッドアイテム。 色々な意見はあると思うけれど、私は天然素材だけを使っての【金継ぎ】も化学溶剤を使っての【モダン金継ぎ】もどちらも好きでどちらにもそれぞれの良さがあると思っています。 どちらも知っていれば直したい物に応じての選択肢が広がる。 まずはエントリーとしてサッと直せてしまう【モダン金継ぎ】から始めるのも良いと思い、まずは試していただく為にワークショップを色々なところで行っています。 本金継ぎを行う時のネックはなんと言っても【漆かぶれ】 私自身も実際に漆かぶれで酷い目に合ってしまった事がキッカケで【モダン金継ぎ】を始めました。 たくさんの器を修繕していく中で新しい試みもしていて、自由人である私ならではの修繕方法も積極的におススメしています。 それがこちら。    割れた器をそのまま直すだけではなく、カケている箇所にガラスや天然石を埋めてredesignすること。 [割れ]も[欠け]も[ヒビ]も金継ぎ修繕するとお気に入りだった器が更に愛おしくなります。 自らの手で新しい価値をデザインし壊れてしまったモノを蘇らせる。 なんと尊い時間だろう?と思います。 自宅開催での金継ぎ修繕の日はちょっとした茶話会です。 接着溶剤を乾かしている間に和菓子とお抹茶をお出ししたり、コーヒーとクッキーをお出ししたり、そんな風に過ごしています。 野外イベント、各種セレクトショップ、カフェなどでも開催させていただいています。 来月からは鵠沼の工房でも定期的に開催出来る様にして行きたいと思っています。 直したい器だけでなく、使わなくなってしまったけれど棄てるのは忍びない… という器がある方は装飾のみでのご参加も可能です。 修繕も勿論のことながら、私の行っている【モダン金継ぎワークショップ】では《RE_design》というのが大きなキーワードです。 re_cycle、re_use、そしてre_design 3つの【RE】いやきっともっとある。 そんな可能性を秘めた時間を皆さまと過ごせれば嬉しい限りです。 お問い合わせはucacoceramics@gmail.com宛か ucacoceramics公式Instagramのダイレクトメッセージにてお願いいたします。...

Share Post
Read More
3月 11 2021

昨日は誕生日でした。 納品もひと段落し、少しずつのんびりとしたペースも楽しめる様になって来ました。 ちょうどタイミングよく葉山・森戸海岸近くのWEL'Lで気まぐれお花屋さんをすると知り自分の為に花束を買いました。   贅沢なボリュームのある花束を自分のために買うことはそうそう無くて、なんだかとても心が躍りました☺️ お花がとても好きです。 会社員時代はお店が開いてる時間帯に帰れた日は必ずの様に帰宅途中の武蔵小杉でお花を買って帰ってました。 あの頃はお花を常に家に生けていて、周りの人からは《丁寧な生活、素敵ですね!》なんて言ってもらっていましたが、実際のところは私がお花を買っている時は心にゆとりがある時では無く、ゆとりが無くなっている自分を癒すためにお花を買って帰っていました😅 いつも自分の機嫌を取るためにお花を飾っていた感じです…😅   ここ数年、しばらくは生花が家に飾られて無くても穏やかな気持ちで過ごしていました。 お花がなくても他にたくさん穏やかにしてくれる環境が整っているから必要無くなっていたのかもしれません。 《あると良いなぁ…》とはいつも思っていたけれど…ボリュームあるお花は結構高額なのでそうそう買えないし。。。 今回、久しぶりにボリューム満点の花束を自分のために買いました。 (WEL'Lめちゃくちゃ安いです!!) なんだかその贅沢な感覚にとてもワクワクしたし、すごくすごーく満たされた気持ちになりました。 今回はお誕生日だったのでたくさんのお花を買いましたがまた定期的にひと束ずつ買いたいと思います☺️ いつも自分の心がウキウキ、ワクワクする選択をしていたいと思います。 いつまでも、いくつになっても☺️ 好きタイミングで気まぐれお花屋さんを開催してくれていたかなえさんに感謝!! いつも何かのタイミングでは引き合う気がする私のスタート地点、WEL'L。 たくさんのお花に癒されました。 ありがとう😊 ...

Share Post
Read More
10月 14 2020

私的、世界最強のパワーウーマン

わぁ!行きたい!って思ってネット記事を読んでいたらパリでした😭 せめて東京なら行きたいと思ったのに😅 ここ数ヶ月、本棚から訴えかけて来ていたのはココ・シャネルの本たち。 来週あたりから久しぶりに読み直そうと思います。 私的にはこの人が世界最強のパワーウーマンです。 【スタイリッシュ】という言葉はなぜだかものすごく苦手ですが【スタイルがある】という言い回しがものすごく好きです。 きっと20代でひどく感銘を受けたココが作り出した【スタイル】(ファッションではなくスタイル)への強い憧れなのだと思います。 乗馬を嗜みとてもアクティブだった女性だからこそ、うみだしていった彼女のコレクションの数々。 現代女性の多くが心打たれるであろう信念を持つ女性だと思います。 強くて美しく、そして聡明。 世界一エレガンスを兼ね備えた女性。(私的には) 少し寂しい人生だなぁと30代で本を読んだ時は思いましたが… 40代になった今読むとどう思うのだろう? そんなことを思いながら読み進めたいと思っています。 今では当たり前の事の様になっているファッションの多くの【コトガラ】の背景には【0を1に換えた】もしくは【発想の転換】をして当時の常識を覆して行った彼女の力強さがあると思ってしまいます。 早く読みたいです😅   先日SNSにUPしていた星の王子様🤴は読み直して思いました。 私、王子様と同じだ… 一度気になった事は納得いくまで何度も何度も返答が返ってくるまで質問し続けるなぁ😅 (子供の頃からで、それを母が面倒臭がっていました。適当な返事が出来ない…と😅) 私はボアが帽子に見えてしまう大人にはなっていない様です。笑 安心もしますが生き辛いのかもしれないです。 ただ、時代は変わる。 これからやってくる風の時代においては、きっと今まで息苦しさを感じて来た人(私みたいな)にとってはモノゴトがスムーズに進むことも増えていくはず! その為に不要な鎧を脱ぎ捨てて行く覚悟も必要だとは思うけれど。   今週末は新月🌚 2021年を良き年にする為の準備期間が始まる。そんな風に思っています。   ://www.vogue.co.jp/fashion/gallery/chanel-galleria-exhibit-paris-cnihub...

Share Post
Read More